夏の魔物2018で見たバンドと感想

夏の魔物2018見たバンドはこれっ!

クリトリック・リス → 魔法少女になり隊 → ザ50回転ズ → SPANK HAPPY → 遠藤ミチロウ復活祈願バンド → Shiggy Jr. → RONZI(BRAHMAN) → スパルタローカルズ → SA → ART-SCHOOL → 田渕ひさ子 → おやすみホログラム×アヒトイナザワ → 向井秀徳アコエレ → MAD3 → DMBQ → 百々和宏withウエノコウジ → デキシード・ザ・エモンズ → KING BROTHERS → ROVO → フィナーレ
夏の魔物2018.gif


ザ50回転ズ
10分前にリハーサルと言っておきながら、
キヨシロウのカバーなど2曲まるまるやったと思ったら
そのまま始まった

Shiggy Jr.
後半しか見れなかったけど、ベースとかバンド凄腕でさわやかな曲なので
あげあげで聞きたい時は良いバンド
新曲「お手上げザイキクス」なかなかお気に入り

SA
いつも見てるバンドだから
再結成のスパルタリオーカルズをがっつり見るために
今回は、見送り・・・・の予定だったけど
いつものSEが聞えたきたから、見に来てしまった。。。。
この日の、このイベント音盛れ酷くて隣のステージが気になったんだよね

ART-SCHOOL
浅井健一のバンドで中尾さんのベースを何度か見ていたけど
このバンドのカラーにがしっくり来ると思った 。
フェスブーム世代のバンドの割にはそれほど売れていないイメージがあったけど
一般受けよりも、オルタナの良さが詰っていて
始めてみたけど硬派な良いバンドだと分かった

向井秀徳アコースティック&エレクトリック
弾き語りっていう事もあってか、普段は盛り上がり難い編成だけど

ナンバーガール時代の曲2曲から始まり、
ZAZEN BOYSの独特のリズムの曲になり
この日は大歓迎ムード
なのに最後は、まったく流れと関係ない
かわいいYUIの「CHE.R.RY」をカバーして 更に盛り上げるから

MAD3
夏の魔物のごちゃごちゃした雰囲気に唯一しっくりきたバンド
「最後俺がジミヘンの曲やるから、みんなジミヘンになろうぜ」みたいなMCが痺れた

ROVO
このフェスには1番しっくり来ないと思ってたバンドだけど、
他の荒削りのパンクバンドに対抗するような激しい演奏で
ステージをしっかり自分のものにして
短い時間で見せるれものを見せてくれた。






1個前のブログでは
音被りが醜いとか書いたけど、ある意味良い面もあって
まあ、ステージが近いと移動が楽

それにこのイベントは、普段見れないバンドが多く出ているから
常に見たいバンドがあり、濃度の濃い1日でした。


この記事へのコメント

最近の記事

人気記事(先月)